骨に関する病気には側弯症がある【手術も検討しよう】

健康への理解を深めよう

健康で過ごすためには、日ごろから健康を意識した生活を送る必要があります。予防・対策、治療・対処についての知識を深めておくと健康的な生活を送ることができるでしょう。

新着情報

骨を強くする食べ物TOP3!

no.1

プロセスチーズ

プロセスチーズはカルシウムの含有量が多いとされています。骨はカルシウムの貯蔵庫であると言われているように、私たちの体で重要な役割を果たしています。プロセスチーズはカルシウムの含有量が多いので骨を強くするにはもってこいの食べ物となります。

no.2

しいたけ

骨を強くするためには、ビタミンDも欠かせません。このビタミンDは、実はカルシウムを効率的に吸収するに必要な栄養素となります。しいたけには、ビタミンDが豊富に含まれているため効率よくカルシウムを取り入れるためにも積極的に摂りましょう。

no.3

納豆

ビタミンKには骨の形成を促す働きがあります。納豆にはビタミンKが豊富に含まれていますので、骨粗鬆症の予防にも適した食べ物だといえます。骨の強化には納豆が欠かせないといえます。

骨・関節に関わる病気

骨髄炎

骨髄炎とは、骨髄が細菌に感染してしまう病気です。原因はさまざまありますが、骨折などで直接骨に感染してしまう場合と、血液を通って感染してしまう場合があります。激しい痛みに襲われることもあり、手術で直接炎症を抑える必要があります。

側弯症

側弯症とは、前方から見たときに背骨が左右に曲がったり、ねじれたりする病気です。乳幼児に発症した場合は自然治癒が期待できますが、その他の場合は手術などの治療が必要になります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、椎間板が何らかの原因で破損してしまい、手足の痺れや運動障害を引き起こしてしまう病気です。主に、20代~40代に多い病気とされていますが、明確な原因は分からないといわれています。

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが溶けだしてしまうことによって、骨が脆くなる病気です。主に70歳以上の老人と、50~60歳の閉経後の女性に多いとされています。喫煙や過剰な飲酒を避け、日頃からカルシウムを意識して摂取するように心がけると予防できます。

骨の病気とかかりつけ医

病院

かかりつけ医の選び方

かかりつけ医を選ぶ際は、相談しやすい病院を選ぶことが大切です。ささいな不安や体調の変化などをしっかりと話せるかかりつけ医を選ぶと、病気の予防や治療に専念できるでしょう。鼠径ヘルニアや側弯症は、辛い症状を生む病気でもあるのですが、病気になっていることにそもそも気づかないこともあります。いつでも相談できるかかりつけ医を知っていることで、より病気についての意識も高められます。手術などの大掛かりな治療が必要なくても、普段から医療に関する意識を高めることは大事なので、鼠径ヘルニアなどの知識をこうした専門家の力を借りることで増やすと良いです。

地域完結型医療を活用しよう

都内には大きな病院や大学病院など、充実した医療環境が整備されています。地域によっては、連携した医療が必要な場合もあります。道府県によって、地域医療情報をまとめてあるサイトがあるので、そういった情報を参考にしながら自分に合った医療環境を選択することができます。

[PR]

鼠径ヘルニアの手術はプロに託そう!
失敗しないために。 卵巣がんの改善にうってつけ。
治療経験豊富!がん治療なら速やかに対応するクリニックへ。